和式トイレの水漏れ箇所

和式トイレは日本に古くからあるもので非常に日本での歴史が長いです。便座が無く、しゃがむ方式である為非常に姿勢に無理がかかり使用が多少大変になることがデメリットとしてあげられます。
最近では洋式が普及してきた為、和式が設置されているご家庭は少なくなってきましたが、それでも和式はまだまだ現役で使われており、和式のトイレ 水漏れなどの故障に対処出来る知識を身に付けておかなければなりません。
それでは和式が水漏れなどの故障起こす箇所はどんな部分なのでしょうか。また故障した時の対処法はどのようにすればよいのでしょうか。こちらでは和式トイレについて解説致します。

■ハイタンク、ロータンクとトイレなどを繋ぐ配管からの水漏れ

和式は構造的にタンクから配管が伸びてむき出しで便器に繋がっています。洋式便器の場合はタンクと便器は直接繋がっていて配管部分は見えません。和式の水漏れはこの配管部分からの水漏れがほとんどでトイレとタンクを繋ぐ配管はむき出しのため基本的には水漏れが発見しやすく、また自分で直しやすいのも特徴です。ただしこれは配管部分のみに限られた話で、詰まりなどの他の原因での故障の場合は洋式よりも深刻化する場合があります。
この配管からの水漏れが確認された場合、原因となる要因はまず配管接合部分のナットなどの緩みです。こちらはナットを締め直す事で直る事がほとんどです。次に便器やタンクなどの付け根部分のパッキンの劣化による故障です。こちらはパッキンの交換などで直る場合があります。最後に配管自体の劣化によるひび割れなどの損傷です。こちらは大掛かりになりやすい為業者に依頼した方がよいでしょう。

■和式トイレ特有フラッシュバルブからの水漏れ

和式トイレ特有の故障部分と言えばフラッシュバルブです。こちらは一般家庭ではあまり使用されていませんが、駅のトイレや公園などの公共施設では一般的です。バブルを押し下げると一定時間水が流れて自動的に止まる仕組みを要しています。こちらはタンクが必要ないため省スペースで狭い場所でも設置可能なため、駅のトイレなどの多数配置しなければならない場所で多用されるわけです。
このフラッシュバルブからも水漏れが発生する事があります。こちらの原因はほとんどが部品の劣化や損傷、またはフラッシュバルブ部分の詰まりによるものです。症状としては水漏れの他、水の勢いが弱くなる、水が流れたまま止まらなくなるなどがあります。これらの症状の場合はフラッシュバルブ全体での交換が必要になりますので業者への修理依頼が必要となります。

■まとめ
和式もまだまだ現役で活躍しており、故障に対する知識や備えはあったほうが良いでしょう。洋式にするか和式にするかはそれぞれの好みによりますので、一概にどちらがよいとは言えませんが、自分の用途にあったものや馴染みのあるものを選び不具合が出たときにもすぐさま対処出来るようにしておいた方がいつまでもトイレを快適に保てますし快適に使い続ける事が出来ます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ